上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
KAME★HOUSE~relax farm~ | 土作りの課題
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.09.13

土作りの課題

食味調査の結果をお持ちして、千秋さんと色々お話するにつれ、未来の農業を守らなくてはならない気分にさせられました。


正直、稲作指導員として何年もやっていましたが…会社の肥料やノウハウを使って増収や食味増加を狙うもの。

実際、私自身も恥ずかしながら鹿児島で有機栽培のお客様に化学肥料を進めて喧嘩みたいになった事があります。

あの時の私はどん底な想いでしたが、今考えれば何て失礼な事をしてしまったんだろうと今でも顔が赤くなってしまいます。


そんな過去の驕りと失敗から、私は絶対に農家さんの意見を尊重し、それに即した情報提供をしようと心に誓っています。


これからの未来への最たる課題が有機栽培、無農薬栽培だと感じました。
きっかけは自分のこれまでの野菜作りから。

そして、千秋さんの真っ直ぐな気持ちと周りを大切に思う気持ちを折れさせたくなかった一心でした。

もちろん仕事としてのデータ収集も極端な物であれば他に対応が可能である…そう想い、大変な道は承知で私の管理実証田として設定させて頂きました。




まず、土作りです。

Photo0178.jpg
但馬の有機肥料をすでに施用されていました。


当社のトラクタで何度も耕して頂いた田んぼを見せていただきました。

「水が入る付近がおじいちゃんみたいな稲になってしまった」

千秋さんにこうお聞きして、下にネリ層ができているのではと思いました。
水が下に抜けず、よどんだ状態になっているのかと思ったのです。



3月24日、支社からトラクタとプラソイラをお借りして実演しました。

Photo0175.jpg
一応何箇所か掘って、層を確認します。
掘り起こしすぎると耕盤層が壊れて田植え機がはまったりする為、掘り起こす深さを設定する為です。
確か、この時22cmで設定しました。


トラクタは普段乗りなれてらっしゃる千秋さんにお願いしてみました。
Photo0177.jpg
タオルで美人顔が見えないのが今回は残念ですが、バックにセントラルパークの観覧車が…

棚田のようになっている田はとてもいいロケーションで空気がよく、住んでいらっしゃる方が穏やかなのも分かる気がします。


おじいちゃん稲が出来る場所は22cmでは負荷がかかりすぎてウィリー寸前でエンスト。
なんとか土を上に持って来れましたが、これは改善に時間がかかるかもしれないと感じました。


結局4つの田んぼを日暮れまでになんとか起してこの日は終了。

さてどうなるやら…。
この記事へのトラックバックURL
http://lovegikamehouse.blog28.fc2.com/tb.php/663-351e3645
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。